2014年12月22日月曜日

第2回定例会開催報告

日時:2014年12月17日(水) 19:00~21:00
会場:荻原みさき病院 リハビリテーション室
参加者数:40名

神戸支部第2回定例会を開催しました。内容は『肩関節の靭帯の触診』でした。

触診をする前に,大久保病院の稲葉将史先生が,靭帯の触診をする意義や臨床にどのように応用するかについて15分程度のミニレクチャーを行いました。前回の骨に加え,靭帯の走行や特徴を踏まえた講義でした。
稲葉先生によるミニレクチャー
その後,大久保病院の山本昌樹先生による靭帯の触診の実技を行いました。前回の定例会で触診した骨を指標として,一つ一つ丁寧に触ることにより圧痛の評価や靭帯の伸張操作を実演して頂きました。
山本先生による触診の実技
(会場前方のスクリーンにも投影しています)
定例会のアシスタントを稲葉先生と久須美が務めさせていただきました。我々が日々臨床で思っていることを参加者の皆さんとディスカッションしながら触診の大切さを伝える事ができればと思っています。

ご講義いただいた山本先生と稲葉先生,準備・運営にご尽力いただいた荻原みさき病院の先生方,ありがとうございました。
参加者の触診
定例会では,触診の実技を中心に,ミニレクチャーをあわせて行います。毎月第3水曜日の19時から荻原みさき病院で開催します。次回の開催日は1月14日(水),内容は『肩甲骨周囲筋の触診』です。★次回は第2水曜日の開催ですのでご注意ください。

定例会の日程・内容・お申し込み方法につきましては,本Blogの[定例会]のページをご覧ください。ご興味がある方のご参加をお待ちしています。
                                  神戸支部 副代表世話人 久須美 雄矢

Blogの更新情報,勉強会や技術講習会等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿