2015年3月20日金曜日

第5回定例会開催報告

日時:2015年3月18日(水) 19:00~21:00
会場:荻原みさき病院 リハビリテーション室
参加者数:54名

3月18日に第5回定例会を開催しました。テーマは「肩のインナーマッスルと大円筋」でした。

最初に,大久保病院の山本昌樹先生による触診の講義と実技が行われました。今回は,インナーマッスルと大円筋の触診を中心に行われました。臨床でよくみられる腱板断裂や肩関節周囲炎では,これらの筋が問題になることが多いので,翌日からの臨床に繋がる充実した内容でした。
山本先生の講義
山本先生の実技の様子
ミニレクチャーは,大久保病院の三宅崇史先生が「Inner muscleと大円筋の触診と臨床応用」というテーマで話をされました。山本先生の実技で行われたインナーマッスルと大円筋を中心に,これらの筋スパズムが高まったり,筋機能が低下することでどのような症状が出現するのか等について詳細な報告をされました。三宅先生のミニレクチャーを通して,よりこれらの筋肉の触診能力が重要であると考えさせられました。
三宅先生のミニレクチャー
定例会の中で紹介された「整形外科リハビリテーション学会宿泊実技研修 症例募集」については学会ホームページに案内があります。

定例会では,触診の実技を中心に,ミニレクチャーをあわせて行っています。毎月第3水曜日の19時から,荻原みさき病院で開催しています。次回の第6回定例会の開催日は4月15日(水),内容は「膝の骨の触診」です。

定例会の日程・内容・お申し込み方法につきましては,本Blogの[定例会]のページをご覧ください。ご興味のある方のご参加をお待ちしています。
神戸支部 世話人 水島健太郎

Blogの更新情報,勉強会や技術講習会等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿